+ 会社情報 +

未来へ繋ぐ

代表取締役社長 萩原 哲也

ごあいさつ

代表取締役社長萩原 哲也


兵庫ボルト株式会社は、おかげさまで2018年8月に100周年を迎えました。

これもひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

100年という長い年月を弊社が、大正・昭和・平成と3つの時代を乗り越え発展し歩んできたという自負と、多くの方々に支えられこの節目を迎えることができたということに、感謝の念に堪えません。

弊社は、1918年8月に神戸市にて鉄道車両用特殊ボルト・ナット・リベット類の製造のため、兵庫ボールト製作所を創業しました。
創業より今日まで、熱間鍛造による鉄道車両用のボルトを製造してきました。

創業時の蒸気機関車から今日の新幹線まであらゆる鉄道車両のボルトに携わってきました。今後も鉄道車両用のボルトといえば「兵庫ボルト」と、お取引先様に言っていただける会社を目指して今まで以上に、技術・品質の向上をしていきたいと思います。
創業100年のこの記念すべき年から、社員一同決意も新たにこれからの150年・200年と歩み進み広く社会に貢献する企業であり続けます。
今後とも、これまで以上に皆様方の温かいご支援を賜りたくお願い申し上げます。

社是Company creed

吾々はねじを通じて国家社会に貢献する。

基本方針Basic policy

  • 我社は多種少量の製品を受注し これを能率的に生産する。
  • 顧客の満足する製品を指定納期に納入する。
  • 冗費を節約し適正利潤を確保して資本の蓄積を図る。
  • 労務近代化、設備の合理化、標準化を進めて生産性の向上に努める。
  • 全員その職責を果たし一致して社是の遂行に邁進する。

品質方針Quality policy

01
規格 基準の順守
規格 基準の順守

顧客の品質要求事項を熟知すると共に公的規格、基準を確実に順守しなければならない。

02
基本作業の順守
基本作業の順守

各工程ごとに各担当者が責任を持って基本に忠実な作業を行うと共に確実な品質管理を行うこと。

02
基本作業の順守
基本作業の順守

各工程ごとに各担当者が責任を持って基本に忠実な作業を行うと共に確実な品質管理を行うこと。

03
技術力向上
技術力向上

新技術導入を常に心がけ実践すると共に高品質、低価格の実現のため日々技術の研鑽と効率の向上を図ること。

03
技術力向上
技術力向上

新技術導入を常に心がけ実践すると共に高品質、低価格の実現のため日々技術の研鑽と効率の向上を図ること。

100周年記念動画100th anniversary video

page-top